妊婦のハテナ|これって問題ない?を解決します

妊婦のハテナ|これって問題ない?を解決します

妊娠中に起きるカラダの変化/便秘

みなさまこんにちは。

 

妊娠中に起こるカラダの変化シリーズ。今回は便秘です。便秘、普段の生活でも便秘は辛いですよね。出したくても出てくれない。いきんでも、野菜をとっても、出ない物は出ない。そんな頑固な便秘の方もおられるのでしょう。

 

それが妊娠中ともなると、お腹に赤ちゃんがいるのでそんなにいきむ事はできません。それに、あまり力を入れると、今度はお尻が…悲劇に襲われてしまいます。

 

でも、妊娠中に情け容赦なく襲ってくるのが便秘です。では、便秘の理由は何なのでしょうか?どうやって対処すればいいのでしょうか?

 

妊娠中のカラダの変化/便秘

妊娠中のカラダには変化は当然の事。そうですよね。赤ちゃんがいるのですから。

 

しかし、不調は辛いので、なんとか解決したいものです。ここでは、便秘の原因と、その対処補法などについてご紹介します。

 

妊娠中のカラダの変化/便秘の原因と特徴

妊娠初期に便秘の経験をするプレママはたくさんいます。それもそのはず。妊娠に伴ない分泌されるプロゲステロンというホルモンが活性化し、その事が影響して便秘が起こるのです。また、大きくなった子宮が胃を圧迫する事で、その働きが阻害され、結果消化機能の低下を招きます。

 

また、つわりで食欲が低下し、水分摂取量が低下している事、なのに、体内の水分は子宮内の羊水に優先的に使われるため、腸内の水分量が低下するなど、多くの要因が重なって起きているのが便秘なのです。

 

では、どうすればこの辛い便秘から解放されるのでしょうか?

 

妊娠中のカラダの変化/便秘への対処

妊娠中の便秘も、それ以外の便秘も、生活習慣の中に取り入れる工夫や改善策にさほど大きな違いはありません。ただし、妊娠中の場合、自分の判断で気軽に薬に頼る事はできませんので、便秘が悪化する前に医師と相談するなどの対処が必要になります。

 

便秘だけでも大変ですが、便秘を悪化させるという事は、、、痔に?がってしまう可能性が高くなるのです。

 

先ずは水分と水溶性食物繊維を多く含んだ食品を積極的に摂取する事。同時に、排便を記録しておく事。こうする事で、担当医に相談する時にも状況の説明がしやすくなります。

 

また、精神的な安定をはかる工夫をしてみましょう。マタニティ・ブルーという言葉がありますが、それほど妊娠中のママはセンシティブ。不安やイライラなどの精神的ストレスが自律神経の乱れに繋がり、結果便秘を招く事があります。自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。

 

そして、適度な運動を行います。妊娠中でも状態が安定しているならば、運動を行うのはとても良い事、便秘に対しても、精神衛生上もたくさんのメリットが期待できます。運動を行うならば、ゆっくりとした毒度でも行えるウォーキングやマタニティヨガがオススメです。

 

ただし、体調が不安定な場合などには必ず担当医に相談しましょう。

 

とにかく、たかが便秘と放置してはいけません。妊娠中にも服用できる便秘薬もありますので、早めに担当医に相談するなどの対処をしましょう。

 

妊娠中の便秘/プレママ達の体験談と対処方法

ヤクルトで対処

計画的な妊娠だったので、妊娠前からヤクルトを飲んで対処していました。

 

豆乳で対処

妊娠中にはなぜか豆乳なら飲めたので、出来るだけたくさんの水分を取るために豆乳を飲みました。

 

バナナ

バナナを食べ続けました。これが良かったのかどうかわかりませんが、ひどい便秘に悩むことはなかったです。

 

ドリンクヨーグルトで対処

ドリンクタイプのヨーグルトが飲みやすくて栄養価も高いと考え、たくさん飲みました。好みの味でもありましたので苦になる事なく続きました。

 

ゴボウ茶

ゴボウ茶には繊維質が豊富だと聞き飲みました。でも、飲み過ぎると下痢するとも聞き、適量に抑えて飲むように変えました。

 

医師に相談

ひどい便秘に悩み医師に相談すると、妊娠中でも飲める安全な便秘薬を出してくれました。もっと早く相談すればよかったと思うほど解消しました。

 

あわや…

たかが便秘と侮っていたら、ひどい腹痛に襲われ病院に直行。便秘とは別の問題かど思っていたら、便秘がひどすぎて腹痛がおきていると教えて頂き、浣腸で事なきを得ました。

 

手作りジュース

手作りの野菜やフルーツのジュースを毎日飲みました。効果もありましたし、毎日美味しく飲めるので、栄養補給としても良い方法だと思いました。お勧めの方法です。

 

なんでもいいから水分摂取

元々の便秘体質。水分を取れば出やすくなることを知っていたので、便が固くなったかな?というタイミングで飲み物の種類にこだわらずに水分をとりました。とはいえ、甘すぎる物をたくさん飲むのはお勧めできないので、水・お茶・牛乳・野菜ジュースがオススメです。

 

まとめ

妊娠中の便秘には、ホルモンが影響している。であれば、これは避けては通れない事なのかもしれませんね。しかし、対処次第では、改善することも可能なのですね。

 

それにはストレス発散・水分補給・適度な運動なのですね。普段の生活の中で起こる便秘と対処方法は同じです。便秘解消に取り組んでみましょう。

妊娠が判明し、待望のマタニティライフ。しかし、想像していたものとは違い、辛い・苦しい・眠ってばかりで何もできないなどなど、妊娠初期のママにとっては意外な出来事がたくさん。参ってしまいますよね。

 

これらの症状はすべて“つわり”なのですが、安定期に入る事で“ウソみたいに落ち着いた”となる事がほどんどなのです。

 

という事で、今回は、妊娠安定期はいつからいつまでなのか?そして、その時のママと赤ちゃんの状態についてご紹介したいと思います。

 

妊娠安定期とは?

妊娠安定期に入るタイミング

妊娠安定期とは、文字通り“妊娠している状態が安定してきた時期”をさしています。
一般的には、この妊娠安定期は妊娠中期の5か月ごろから7か月ごろをさしています。医師によってこの判断は少しずつ異なり、妊娠4か月から8か月を妊娠安定期と考える場合もあるのです。

 

妊娠安定期の特徴

同時に、この妊娠安定期を迎えるのには、個人的にも差があります。妊娠4か月という比較的早い段階で安定期を迎える人もいれば、妊婦さん全体の約20%は、妊娠全期にわたり安定期を迎えられない人もいるのです。

 

では、その妊娠安定期に入ったというのは、どういう状態になった事をさしているのでしょうか?

 

妊娠安定期のママの状態

ママにとっての妊娠安定期とは、妊娠初期に起きていた“つわり”の状態から解放される時期を指しています。この安定期に入る事で、妊娠初期に感じていた頭痛・吐き気・眠気などなど、様々な体調の変化から解放され、穏やかに生活ができるようになるのです。

 

これは、ママのカラダが、妊娠を継続して赤ちゃんを育てる準備が整ったという事なのです。もちろん無理はできませんが、体調の変化もひと段落、ホッと一安心できる時期だと覚えておきましょう。

 

妊娠安定期の赤ちゃんの状態

妊娠初期に心配していた流産の危険も少なくなり、赤ちゃんが急成長するのがこの時期なのです。最初は胚芽と呼ばれ、豆粒状態だった赤ちゃんは大きく成長し、各器官の形成も進みます。そして髪の毛が生える・皮下脂肪が付き始めるなどにより、どんどん人間らしい体つきに変化していくのです。赤ちゃんの子宮内での動きが活発になるのもこの時期です。

 

その赤ちゃんの成長に不可欠なのが胎盤です。お腹の中の赤ちゃんは栄養成分・酸素など生きて行くために必要な成分をこの胎盤から得ています。同時に、赤ちゃんから排出される老廃物などもこの胎盤が処理してくれるのです。

 

安定期に入る中期以降には、この胎盤も赤ちゃんの成長にあわせて大きくなりますが、その元となるのがママの食事なのです。カロリーコントロールしつつも、積極的に栄養を摂取しましょう。

 

安定期のママ達のお話し

■妊娠初期に始まった妊娠悪阻(おそ)。吐くものがなくなって胃液までもどしても治まらない激しい嘔吐。同時に襲ってくる頭痛。辛くて苦しくて病院と家の往復でした。夢のような幸せな妊娠生活を期待していた私にとっては悪夢のような毎日。いつ終わるとも分からない悪阻の状態に、何度も何度も泣いて心が折れそうになりましたが、周囲の人の支えおあり何とか安定期を迎える事が出来ました。

 

妊娠安定期には自宅で生活できるようになり、食べ物に注意すれば吐くこともなくなりました。“グレープフルーツだけがお友達”そう感じる程、グレープフルーツばかり食べていた事を思い出します。そんな風に生活しながらも、何とか無事出産にまでこぎつけました。

 

妊娠が判明し、つわりに苦しんだ妊娠初期には、自分が安定期を迎えれるなんて想像もできない程辛い毎日でしたが、実際に安定期に入ると、不思議なくらいに妊娠初期の悪阻の辛さは忘れてしまっていました。

 

■私の場合、ありがたいと思える程順調な妊娠生活でした。
当時の私は、妊娠についてはまだ先の事と、さほど積極的に考えておらず仕事もプライベートも普段通りにアクティブに生活していました。そんな時に不意に訪れた突然の妊娠。
その事が判明したのが妊娠3か月でした。それまで、旅行にも行き・スポーツも普通にしていた私は少々焦ったのですが、結果問題なし。

 

妊娠発覚とほぼ同時に始まったつわりも、1か月後の妊娠4か月ごろにはほぼ治まり、普通に生活できていました。つわりに苦しんでいる人を見ていると、私はつわりが軽くて、幸運だったのだと実感。神様に感謝しています。

 

■安定期は無かった妊娠生活。吐き気・頭痛に情緒不安定が重なり、とても辛いつわりの状態でした。そんな状態が辛くて、安定期を指折り数えていたのですが、妊娠中期になっても、後期に入っても全く何も変わらず、結局そのまま出産。後で聞いた事なのですが、そういう人もいるのだとか。辛くて苦しい妊娠生活でしたが、子供は無事に生まれてくれたので良かったと思っています。

 

 

まとめ

妊娠安定期をテーマにご紹介しました。ほとんどの人は安定期に入れば、それまでのつわりが治まり、快適に生活できるのですね。

 

しかし、中には安定期が無い人が全体の20%程度はいるのだとか。これには驚きますよね。という事は、十月十日(とつきとうか)をあの苦しみの中で生活するのです。ママになるという理由以外でこの辛さに耐えられる理由が思い浮かばない。それほど大変な事を乗り越えているのですよね。敬意を払いたいと思います。

 

しかし、そんな状態は一人で切り抜けられる事ではありません。遠慮せず、周囲に助けてもらいましょう。そして、周囲の人、積極的に助けてあげましょう。

 

参考サイトはこちら→妊娠中の食べ物に関して

続きを読む≫ 2016/12/29 17:33:29

今回のテーマは妊娠中に起こるつわり。妊娠のカラダの変化にともない、ほとんどのプレママが経験する妊娠を知るうえでの代表的な体調の変化がつわり。妊娠初期から中期にかけて始まり、その状態はさまざま。とても軽く終わる人もいれば、妊娠のほぼ全期をこのつわりに悩まされるという人も。

 

そんなプレママの中には、つわりのレベルを超えた病的な状態の妊娠悪阻(にんしんおそ)に陥ってしまう場合も。ここでは、つわりの状態と対処方法・つわりとは一線を画して考えなければいけない妊娠悪阻(にんしんおそ)についてご紹介します。

 

妊娠中のカラダの変化/つわり

つわりが始まるのは、妊娠超初期から初期にかけて。通常、つわりと聞くと、その症状は吐き気や嘔吐で食事ができない、これを想像しますよね。実はこのつわり、他にも特徴的な症状があるのです

 

妊娠中のカラダの変化/つわりの特徴

つわりとは、妊娠が原因で起こる一過性の体調不良の事。吐き気やおう吐・食欲不振が代表的な症状と捉えられています。しかし、その他にも、胃痛・異常な眠気・全身の倦怠感・頭痛・ニオイや明かりなどへの過敏反応・嗜好の変化など、これらすべての症状はつわりと呼ばれるものなのです。

 

発症する症状や、その症状の重たさには個人差があり、つわりはほとんどなかったという幸運な人もいれば、つわりで入院したという重度のつわりに襲われる人もいるのです。

 

妊娠中のカラダの変化/つわりが始まる時期

つわりが始まる時期にも個人差はありますが、妊娠2か月頃からはじまり、妊娠5カ月ごろに治まる事が多いのです。

 

妊娠中のカラダの変化/つわりの原因

妊娠にともなうつわりが起きるのには、カラダ内部の変化が大きく影響しています。妊娠する事で、妊娠前のカラダには存在しなかったホルモンである、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)が影響していると考えられています。

 

このヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)が分泌される事で、カラダは赤ちゃんの成長・出産への準備をするのです。

 

妊娠中のカラダの変化/つわりへの対処

つわりは妊娠に起因した一過性の体調不良。ですので、つわりに対しての治療というのは、残念ながらできないのです。

 

では、この辛いつわりにどう対処すればいいのでしょうか?

 

これは、個々の症状に対して、個別に対処するしかないのです。たとえば、胃が痛む場合には、胃に優しくて消化の良い食べ物を食べるとか、頭痛の場合には、痛む部分を冷やす・凝りをほぐすなど。あるいは、ストレスを発散する、洋服をマタニティ用に変えてカラダを楽にしてみる等、ご自身にとって辛い症状を緩和しつつ乗り切るしかないのです。

 

ただし、鎮痛剤や便秘薬など、特定の症状に対しては服用できる薬もありますので、つわりの症状が辛い場合には、担当医師に相談してみましょう。

 

妊娠悪阻(おそ)とは?

妊娠悪阻とは、つわりの症状が悪化して治療が必要となった状態の事をさしています。具体的な症状としては、食事や水分が全くとれない、一日中嘔吐している、体重が減少したなどです。

 

通常のつわりは、プレママの約8割が経験します。対して、妊娠悪阻にまで至ってしまう人の割合は約1〜2%程度。この悪阻となってしまった場合、最悪の場合ママのカラダが重篤な状態に陥る事もあるのです。ですので、通常のつわりと悪阻は別物と考えての対処が必要です。

 

もし、悪阻かもしれないと感じる症状があるならば、すぐに担当医師に相談しましょう。

 

妊娠中のつわり/プレママ達の体験談と対処方法

(お菓子で対処)
空腹になるとすぐに吐き気が襲ってくるので、常にお菓子を携帯して生活していました。仕事場でもちょこちょこ食べて、何とかしのぎました。ただ、お菓子のカロリーや糖分・塩分は侮れないので、お菓子選びは慎重に。

 

(忙しくしてみた)
妊娠初期からつわりがひどくて、休日は寝て過ごしていました。ある時、仕事中にはつわりを忘れている事に気づき、休日もなにかしら忙しくしてみようと用事を入れて過ごす事にしてみたら、案外楽に感じました。気持ちの持ち方で変わる場合もあるのですね。

 

(サプリメントで…)
普段は好き嫌いが殆どないのですが、つわりで食べれない物が増えてしまい、栄養バランスが崩れてしまったのです。カラダは気になりましたが、どう頑張っても食べれないので、不足しているかなと思う栄養素はサプリメントで摂取。こうして何とかしのぎました。

 

(食事は作らない)
ニオイに敏感になってしまい、食事を作ると嘔吐する毎日。仕方がないので、お惣菜を買って食べていました。

 

(フルーツだけ…)
フルーツ以外何もうけつけなくなったので、食べないよりはマシかなと思い、フルーツばかり食べていました。足りない栄養素は、サプリメントで補給しました。

 

まとめ

妊娠中のつわりは吐き気だけではないのですね。妊娠が原因の体調の変化はすべてつわり。しかもそれがホルモンの働きによるものとなると、いろいろな変化が起きて当然なのですね。大変ですが、何とか対処して乗り切りましょう。そのためには、必要に応じて医師の力をかりましょう。

 

続きを読む≫ 2016/12/23 23:51:23

ホーム RSS購読 サイトマップ